My Kimono Life In Melbourne//メルボルンでの着物生活をちょっと紹介
2013/07/29 (Mon) 大阪のツバキ庵へ


昔話を書いていきたいと思います。ひどい放置ようだわ自分 コワいわ

4月19日、22日の事。
まさか1人で日本国内、新幹線に乗って遠出できるなんて、、数年前の私からしたら夢みたいです。というのも今回自分のために着付けを習いに行きたい!というわがままから始まった事。これに全面的に協力してくれた旦那とその両親に感謝です。子供を安心して預けることができる程、子供たちもこの義理の両親になついてくれたし、彼らも子供をとても可愛がってくれたので、今回この時期に日本に帰って来たのは本当によかったと思います。
しかしまだ「寝かしつけは無理!」との事なので関西4日間すべて日帰り。これはきつかった・・自分好きな事だったからできたけど。

行った先は大阪府堺にある着付け教室「ツバキ庵
この着付け教室を知ったきっかけは、
ある日おもむろに「ロカビリー」「着物」と入れて検索してみた事から始まりました。見事ツバキ庵のマミ先生のブログが一番先にひっかかりました 笑

興味本位で読み進めていたらこの先生のファンになってしまいまして、彼女の着物チョイス、着こなし、そして何より衿の出し方に惹かれました。そのくらいこの衿って大事なんでしょね。ほんの1.2センチ彼女の衿が違っていたら私はマミ先生の教室に行きたい!と思っていなかったかもしれません。

そして昔オーストラリアに行く前に1年間だけですが、堺に住んでいた事もあり、大阪だったら行ける!となんの根拠もない自信もあったのも事実です。

今回受講したのは「振袖着せ付けレッスン」 日程にも限りがあったので無理を言わせていただいて2レッスンを1日で2日で4レッスンという特急コース。

レッスンが1時からだったのですが早めに大阪に着いてちょっとブラブラ・・ 何年かぶりの大阪・・思ったより何もかわってなくってちょっと「ほっ」 

tubaki2.jpg


目に見えて変わった事は昔良く買っていた南海のなんば駅近くのキャベツ焼き100円だったのが130円になってた事かな。

そしてレッスン。最初は着物の着せ付け

ジブン、最初はかなり緊張してました。どんな人かもようわからんまま飛び込んだし・・何か「違うっ!!」ってビシって飛んできたらどうしようとか・・

いや、センセは優しかったですよ。てそして関西人でよかった。
やっぱり私、関西弁で何か言われるの好きだな。
でもやっぱりレッスンに関してはかなりテクニック満載で厳しい面もありました。最初は頭パンク状態でしたが、何回か復讐しているうちにだんだん布目の事や体系の事を含め、つかめてきたような気がします。そしてレッスンが終わる頃には今までにない出来の振袖の仕上がり。やっぱり「これだ!」と思うセンセに習いに行けるって幸せな事ですね。

tubaki1.jpg

2日目 この日は四天王寺の骨董市に行くのも兼ねて5時起床。子供と一緒に寝ていた布団をそっと抜け、したくを始める予定でしたが・・

起きてきた!

しかも2人とも!!

泣きながら!!!
 
予定大幅狂い!!!!

時間ぎりぎりまで抱っこ・・ OMG

ここぞとばかりにレンタルしておいた戦隊モノ(ゴセイジャー?)とキティちゃんのDVDをジャジャーンと取り出し、旦那を起こし、こそこそと家を出たのが6時前 ハードすぎるわ

そこまでして頑張ったのに、四天王寺全然店出てなかった 涙

tubaki3.jpg

いや、私が大阪に住んでいた頃はすっごい着物取り扱ってる店があったのに何故?
愕然としながら境内で独り、甘酒をすする自分。甘すぎてチト気持ち悪くなりながらも再び徘徊するが、特に目立った店もなく、仕方がないので子供のおもちゃだけ買って敗北感だけを引きずりながら四天王寺を後にする。

そこからびっくりするくらいノスタルジックな路面電車に乗って2日目のレッスンへ
この日は前回のおさらいと帯結びを中心に、帯結びはたて矢アレンジを中心に進めていきました。

tubaki4.jpg

tunaki5.jpg

一つのアレンジを中心にしてそこからまた感性で広げていく袋帯の結びってホントにおもしろい!個人的に日本で自分用に結ぶお太鼓は好きですが、やっぱり海外ですと日本ではなかなかやらないアレンジに挑戦したくなっちゃうんだよね。まわりの反応がいいからw
というわけで自分用となってもメルボルンではなかなかお太鼓姿で登場しない自分です。

そんなこんなで振袖着せつけ個人レッスンはなんとか終了しました。
久々の大阪。 そしてマミ先生のレッスン。何年かぶりの自分だけの長旅。すべて大満足の体験でした。


余談ですが大阪駅ですばらしい薬を発見。
tunaki6.jpg








行ってきました | trackback(0) | comment(1) |


<<鞠小路スタイルに行った話(かなりさかのぼる) | TOP | KIMONO WORLD LIFE の斉藤さんとのお食事>>

comment











管理人のみ閲覧OK


Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

2013/09/11 01:13 | [ Edit ]


trackback

trackback_url
http://kimonodecheap.blog138.fc2.com/tb.php/41-01b5d2ad

| TOP |

Profile

salamelbourne

Author:salamelbourne
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

A book of Kimono

海外(特に英語圏)に住んで着物を着ているいると現地の方に色々質問されます。 そんな時にはこれを読んでおくとかなり重宝します。

The Book of Kimono

新品価格
¥1,764から
(2012/9/8 03:57時点)

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.