My Kimono Life In Melbourne//メルボルンでの着物生活をちょっと紹介
2012/01/16 (Mon) 浴衣を縫いました

P1167926.jpg

実はマイサイズの浴衣って持っていなかったんですよ。いきなり着物の世界にどっぷりハマってしまったので夏着る着物といってももうその頃には浴衣ではなく絽などの着物。そんな感じであれやこれやでオーストラリアに来る事となって、こっちに持ってきた浴衣といっても、まだ着物に何も興味なかった時に買ったプレタの浴衣と母の物。プレタの方は浴衣のサイズがわからず買ってむちゃデカだし、母の方は小さいし・・まぁ何とか着付けは出来るけどデザインもあんまり好きではなかったのでいつか機会があったら購入しようと思っていたのですが、なかなか日本から買うにも予算的なものもありまして・・

と思っていたらこちらの生地屋で素敵な柄を見つけてしまいました。値段もメートルあたり$5と自分の予算的にOK。さっそくミシン開始。柄合わせにチト苦労しましたが、なかなかメルボルンの風景に合った感じの浴衣が出来上がりました。袖もちょっとオトメに長め。

生地屋と言えば、こちらの生地屋や日本よりかなりクオリティが低いです。 品揃えも日本の方が断然多いしデザインもイマイチなものが多い。値段も高め。たまに おおいいな!と思う物はMade In Japanと書いてあったり・・ その中で私の中の生地予算はメートル$5以下の物と決めているのでかなり絞られます。普段はSPOTLIGHTという大型チェーン店のSaleコーナーを物色していますが、最近近所でなかなかいい店を見つけました。GrenhuntlyにあるDarn Cheap Fabric。名前ほど安くもないですけど他の店とはまた違った品揃えで面白いです。Cheapと言えば前にMordiallocのあたりに安い店Carmels のWarehouseがあったのですがこちらはCloseしてしまいました。一部の商品がMentoneの本店に移されていましたがちょっと本店自体が狭いので子供連れて物色はキツイ。

だいたい生地屋は狭い店が多いので2人の子連れにはなかなかそういう店に入るのは不可能。まずベビーカーが通れるくらいの通路があるかどうかというのも問題になってきます。BrunswickのSydney Rdの辺りにも小さな生地屋が何件かあるのですが全体的に薄い生地が多いのであまり着物や帯作りに適したものがないです。
そんな感じで生地選びにはいつも苦労させられます。その中でも時々の「お~!これは!」を探して足しげく生地屋に通うのでした。

どこか安くて面白い生地屋がないかなぁ


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

手作り | trackback(0) | comment(3) |


<<絽の半衿の代わり | TOP | Back To Roots>>

comment











管理人のみ閲覧OK


フォークロアな感じで良いね。
自分で作った浴衣は愛着もひとしおだね。
私も作ってみたいわ。

2012/01/18 05:38 | ともすけ [ Edit ]


ともすけさん>わりと直線縫いばかりなので簡単よ。問題は生地選び、なかなかこっちって浴衣にいい布ないんだよね~

2012/01/18 20:22 | sala [ Edit ]


Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.

2017/09/19 17:09 | [ Edit ]


trackback

trackback_url
http://kimonodecheap.blog138.fc2.com/tb.php/4-fe9f7043

| TOP |

Profile

salamelbourne

Author:salamelbourne
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

A book of Kimono

海外(特に英語圏)に住んで着物を着ているいると現地の方に色々質問されます。 そんな時にはこれを読んでおくとかなり重宝します。

The Book of Kimono

新品価格
¥1,764から
(2012/9/8 03:57時点)

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.