My Kimono Life In Melbourne//メルボルンでの着物生活をちょっと紹介
2012/03/30 (Fri) 3月の着物イベント お茶を楽しむ会

3月の着物クラブのイベントはお茶会!

ほんとに忙しい日でした・・ 

まずは6時半に起床し巻き寿司作り。旦那と娘と息子のお弁当用にと寿司を用意し子供に朝ごはんを食べさせ自分の着付け、子供の支度を終え8時40分に子供を学校に送り出す。

そのまま学校で毎週月曜の朝に開かれるMorning Teaに、学校側が他のお母達とお話する場を提供してくれてそこでみんなでお茶を飲みながら情報交換。今回は特別にブルガリア人のママによるヨーグルトの作り方講習もあり、絶対参加したかったので家に帰って一度着替える暇もなかったので学校に着物行く事となったのです。とりあえず学校のトイレで自分を撮ってみる この日は寒くなってきたので着心地の良い片貝木綿で 久々地味なコーディネート

2603kimono.jpg



そしてかばんにヨーグルトの種とケフィアをしのばせたまま10時半学校出発。

本題のお茶の会場であるKさんのお宅へ

もうお宅に着いた瞬間から口アングリ・・ なんだこの家は!
玄関から日本の階段ダンスにお雛様 

hina.jpg

1歩進めば坪庭に滝? 反対側には日本庭園?
んでお茶室? これほんとに個人宅? とにかく30分くらいヒャーヒャーいったところでひと段落してお茶をいただいていたら次のメンバーが到着してまたヒャーヒャー言っていましたよ

今回メンバーが多いため、人数を2回にわけてお茶をしていただく事となったのです。私は2歳の息子を連れて行っていたのでお茶室に入る事は断念していたのですが、Kさんの旦那様が子守をかって出てくださり幸運にも私もお茶会に参加できる事となりました。

machiai.jpg

keita.jpg

ikumiocya.jpg

okashi.jpg


と言ってもお茶の知識はほどんど皆無。指の動き、足の動きすべてにいたるまでKさんにアドバイスいただきながらつくばいで手と口を清めなんとかにじり口からグラグラしなから産まれて始めてお茶室デビュー。またこれがすばらしいお茶室、
あたしゃこんな体験がオーストラリアで出来るなんてホント幸せですよ。
IKさんにたてていただいたお茶もおいしかったし・・

お茶をいただいた後はみんなでランチ。
syokuji.jpg

前日に息子に大人しくしてもらうようネットで彼のお気に入りの動画をめいいっぱいダウロードしてノートパソコンで見せていたので大騒ぎする事なく私もランチを楽しむ事ができました。私も彼が学校に行き始めるまでのあと3年、こうやって頑張ってなんとかイベントについていけるようにするわっ!

ランチのあとはお庭で記念撮影
まったくこれがオーストラリアなんて・・

minna326.jpg

私だけ目線が息子がいたずらしていないか・・の不安げ

もっと皆さんとお話したかったけどまた娘のお迎えのためそそくさとお先退散させていただき、下校時間に間に合うかヒヤヒヤしながらまたロングドライブ

なんとか間に合い娘と息子を連れて家に帰ると朝のてんやわんやの支度の残骸で部屋がすごい事に・・
こうしてまた現実の世界に引き戻されたのでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

Melbourne Kimono Club | trackback(0) | comment(3) |


2012/03/18 (Sun) 溶け込む和服姿

やっぱり浮くんですよ「THE 伝統的和柄着物」は、海外では。 いやそれは美しいですよ日本の古典的な美は。そして折角着るんだから・・と現地の人もそれを望んでいる傾向にあるのは確かです。
でもやっぱり浮くんですよ・・もうイベント!ってな感じになってしまう。そして私はそれを望んでいない 私の望んでいるのはやっぱり「普段の生活に溶け込む着物」なんですね

そして今現在の自分なりに答えをあみ出しました!この答えは将来どんどん変わる可能性大ですけど。

それは着る現地の物を取り入れる。料理にも共通しますね。すべて遠くから取り寄せるより地元にある素材を使う事でその国にも馴染みやすい。ってな具合? 多分

例えばサリーの生地で作った着物でインド。 バティック生地で作った帯でインドネシア。
マリメッコの生地でフィンランド・・ てな具合です。その他色々勝手に着物姿にして想像の世界旅行してみてください。
その国の人へのリスペクトも表現できますしね。

答えは出たものの、はてオーストラリアは?たしかにアボリジニも模様はあるけどね。お土産屋さんで見るくらいで普段の生活であまりその柄はお目にかかることはないし・・

西洋人の作った文化もまだそれほど長くないので今現在のオーストラリアって国の伝統的な模様ってあまりないのですけど 私の中で勝手に「オーストラリアっぽい」と決めたのが「オーストラリアのおばあちゃんの家のカーテンにありそうな柄」かっこよく言えばミッドセンチュリーですかね。そんな柄を集めて行きたいと思っています。

hanacloth.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

思い | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/08 (Thu) 刺繍してみた

shisyu.jpg

最近子供が寝た後、友達から借りた日本のドラマのDVDを立て続けに見ています。

しかし、どうもただテレビを観るという行動が時間がもったいないような気がしてついテレビを観ながら出来ることを探してしまいます。
アイロンがけや何か作りたい時は布の採寸くらいまではテレビの前でも出来るのですが、いざミシンを踏むとなるともうテレビどころではなくなるので、何かいい物がないかと考えてやってみたのが刺繍。
この刺繍という作業はかなり自分の中で遠ざけていたジャンルだったのです。まず針を持つのが大嫌い、細かい事が大嫌い。そんな総集編が刺繍です。

でもその反面これが出来たら半衿なんかももっと自分が身につけたい感じに仕上がるし、着こなしの幅も広がるしいいなぁ・・なんて思いどのくらい自分で出来るのかいきなり昨晩トライしてみました。
はっきり言って私は何の刺繍も知識がありません。刺繍道具も無かったので普通の縫い糸です。まずは適当にフリーハンドで鉛筆で下書きし、「もしや使うか?」と」思って日本の100均で買って来た奥から出してきて刺繍枠に布をハメ、テレビを観ながらチクチク・・
そしてドラマ2話分で完成。
お~わりと初めてにしてはいい感じでない?
これはテレビを観ながらできるぞ! ちょっと自分なりに勉強してみようかな

ちなみに今観ているのはキムタクの「Mr Brain」
ってヤツです

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

手作り | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

Profile

salamelbourne

Author:salamelbourne
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

A book of Kimono

海外(特に英語圏)に住んで着物を着ているいると現地の方に色々質問されます。 そんな時にはこれを読んでおくとかなり重宝します。

The Book of Kimono

新品価格
¥1,764から
(2012/9/8 03:57時点)

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.