My Kimono Life In Melbourne//メルボルンでの着物生活をちょっと紹介
2014/06/15 (Sun) メルボルン小路散歩

まったく着物とは関係ありませんが、今回はメルボルンの街を散歩しながら写真を撮ってみたので紹介します。 歩いた距離は400m程、Burke Street からFrinders Street という2ブロックの間に通っている小道です。

メルボルンにはまだまだ古い建物がそのまま残されている所が多く、今回歩いた小道もそんな中の1つです。
まずはBurke St側からRoyal Arcade という古い商店街に入ります。

1506141.jpg
かわいい老夫婦が手を繋いでお買い物しているのを発見! ほほえましい光景
15061422.jpg


Hopetoun Tea Room という壁紙がなんともかわいいTea House。 ここを覗いているとマッチ売りの少女の気分が味わえます。

ずっと奥にいってもオシャレなお店が沢山(私はあまり関係ない人間だけど・・)

1506143.jpg

この後Degraves Streetに入っていきます。
1506144.jpg

1506145.jpg

小路脇に沢山のカフェが軒を連ねております。その中の1つのスープ屋さん。

1406146.jpg

オーストラリアも日本のコンビニの前にいる若者達も似たようなもの? やっぱりこういう感じになるんでしょうか?

ここの小路を抜けると駅に着きます。
1506147.jpg

奥の建物がフリンダース駅です 手前のがシティの周りをぐるりと廻ってくれる無料の観光用路面電車です。

ここから電車に乗って家に帰ります。

1506148.jpg


電車待ってます・・

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



行ってきました | trackback(0) | comment(2) |


2014/05/31 (Sat) Box Hill Japan Festival 2014

毎年この時期にメルボルンではJapan Festivalというお祭りが開催されます。 日本の文化祭みたいなもので、出店が出て、学校や日本に関係するあらゆる団体の催し物が見られるかなり大きなお祭りなのですが、そのマーケットブースに急なお誘いで夫婦で参加する事になりました。 

私は自分の着付けの宣伝のみで、殆どは他の事の店番だったので私のブース幅は約30cm ま、ま、ちらし配るだけなので良いでしょう。
3105143.jpg


3105142.jpg

今回の私の着ていたもの、 実はこの着物100円! 何故か攻めの赤を着ていきたかった日なのでこれメインで考えました。帯揚げと半衿ははぎれから この日の身につけていたもの合計は靴を抜かせば1000円以内で収まってるでしょうね。帯締めにしたベルトはこちらのOP SHOPにて購入。

ん~我ながらこういうコーディネートがしっくりくるけど、肌年齢は段々ついていかなくなるわね 笑 どうしたらいいでしょうか? 大して(全く)何もケアしてないんだけどさ・・

ま、そこは置いといて・・

メルボルン生活9年目にしてこれがこのフェスに来たの3回目なのですが、やっぱすごい人だわ・・ 
人ごみは嫌いなので避けてきたのですが、売る側の立場となると人が多いのは嬉しいです。
着物売ってるブースも結構ありました。

ちょっと店抜け出してひと回り・・ 着物コンテストやってました。 いつも思うんだけどこの着物コンテストの主旨がよくわかんない  どういう基準で1番とか2番とか選んでるんだろ?
3105141.jpg


見る限りオージーの方も素敵な着こなしが出来る人が沢山いることが分かりました。
Kimono de jack Australia の方たちともお知り合いになれました。 

やっぱり普段出会うことの出来ない方たちとの出会いのチャンスがあるってのはこのお祭りのいいところなんでしょうね、今回は殆ど店番だったのでお祭りの様子をお伝えできませんでしたが、個人的にはかなり貴重な体験でした。

それもこれも、2人の子供を泊まりがかりで預かってくれた友人の陰ながらの協力あってこそ! ほんとに色々な人に支えられて生きてます!


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


行ってきました | trackback(0) | comment(4) |


2014/05/23 (Fri) オススメのお店

日本と比べて手芸用品が圧倒的に手に入りにくいメルボルン。なかなか良い材料を調達できなく苦労するのですが、そこは嘆いて居ても仕方ないし、少ないながらも日本ではなかなか無い面白いデザイン物もあったりするので、宝探し感覚で色んなお店をウロウロしています。

もちろん大手のSpotlight, Lincraft にも足を運びますが、ここでは隠れた私のお気に入りの店を紹介します。

1番は前にもブログで書いたOp shopと呼ばれるリサイクルショップ、時々思わぬビンテージ物が驚きの価格で出会えたりします。

次にオススメはGlen Huntly 駅前商店街にあるDarn cheap fabric

2405141.jpg
2415142.jpg



小さいお店なのですが名前の通り目玉商品が驚きの値段。生地 リボン その他の材料諸々2ドルから沢山あります。 そしてここの材料は個性的、リボンも半衿に使えそう
2405143.jpg

シーズンごとに新しい商品が少し入荷するので時々チェックします。

この店を出て数件隣にも、とてもいいOp shopがあったのですが、最近少し離れた所に引っ越しちゃったみたいですね〜。

2405144.jpg

ちなみにそこで出会ったファイヤーキングのカップ、4つで3ドル。 それって100均よりも安いじゃん!

次のオススメはBrunswick駅から降りて徒歩3分、Sydney rd商店街。
ここに数件ファブリックショップがあります。しかしリボンなどの小物は少なめ。ここに行ったら必ずこの道沿いにあるSavers 大型OPShop もチェック。ビンテージ生地に出会えるかもしれません。

ビーズ系手芸用品が欲しい時は、お友達から教えてもらった Wholesale Beads がオススメです。 ここのビーズの品揃えはハンパ無いです。特に2階のビーズが個性的で好き。一瞬上がっていいかためらう階段ですが勇気を持って上がって行きましょう。

暇さえあればこれらの店を徘徊している私です。

どなたかこれぞお勧め ︎って言うお店ありましたら教えて下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


手作り | trackback(0) | comment(3) |


2014/05/21 (Wed) 着物に付いた化粧汚れを落とす

海外に住んでいて着物生活の中で最も困ることの1つがクリーニング。日本のように専門的な知識を持ったクリーニング店があるわけでもなく、染み抜き専門店があるわけでもない。ましてや「ベンジン」も手に入らない・・

なかなかそんなで正絹を着る機会が少なくなってしまうのですが、ついにこれを試す機会が訪れました。
2105143.jpg

これはWhite Spirits というもので、こちらのホームセンターがスーパーで気軽に買うことのできる、カーペットなんかを掃除する油。 これで油汚れは落ちるとの友人からの情報で早速汚れた着物が出来たのでトライ!

2105141.jpg


まずは下にタオルなんかを敷きます。その上に綺麗にしたい部分をのせます。 そしてWhite Spirits を適量かけながら、要らない歯ブラシでこすらずトントン、あくまでも下のタオルに汚れを吸い取らせる感じで軽くたたいていきます。
2105142.jpg


すごい灯油臭いので窓は全開にしましょう。 しばらくすると段々汚れが薄くなってくるのがわかります。 

綺麗になったらしばらく臭いので、2日くらい風通しの良いところにおいておきます。
2105144.jpg


どうでしょう?結構綺麗になりました。

今回の内容は私の経験談ではありますが、マネをする場合は全て自己責任でお願いいたします。先に目立たない所でやってみて色移りしないか試すことをお勧めいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




お手入れ | trackback(0) | comment(5) |


2014/04/28 (Mon) Fruits

fruits198.jpg


いつ見ても素晴らしいと思うこの作品。

もちろんスタイリングも素敵だけどモデル、等身大の日本の背景もいい。

何と無く、いつも日本以外の国の人の思う「Kimono fashion 」と日本国内のサブカルチャー的ファッションとしての「キモノ」の目指すところのベクトルの違いを感じるのですが、それが悪いとか良いじゃ無く、あえて面白かったり。

でも今の時点でこの写真の感じがある意味 2つの融合点ではないかなー 。

と言うあくまでも個人的見解。ほんと個人的。

あと勝手に好みでもあると言うのもある。

この感じが出せるのは日本人ならではそして日本国内ならではよね。
でも世界をハッとさせる魅力もある。

まずは身の程を知る。そしてあえてその身の程を楽しもう!

フラットな体も顔も着物を着れば逆に武器になる。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


思い | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

Profile

salamelbourne

Author:salamelbourne
Welcome to FC2!

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

A book of Kimono

海外(特に英語圏)に住んで着物を着ているいると現地の方に色々質問されます。 そんな時にはこれを読んでおくとかなり重宝します。

The Book of Kimono

新品価格
¥1,764から
(2012/9/8 03:57時点)

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.